執刀医のご紹介

ICL手術の執刀医

市川先生のご紹介

当院では、ICLが厚生労働省の認可を受ける際の臨床治験の担当医であり、ICLの国内承認後は豊富な知識とご経験により、全国のICL手術を施行されるドクターのインストラクターとしてもご活躍されている市川一夫先生にICL手術のご執刀を頂いておりますので、安心して受診してください。

市川 一夫(医療法人いさな会 中京眼科 視覚研究所 所長)


医学博士。(元)JCHO(独立行政法人地域医療機能推進機構)中京病院眼科主任部長。
78年愛知医科大学医学部医学科卒業。83年名古屋大学大学院医学研究科博士課程(外科系眼科科学専攻)修了。 社会保険中京病院眼科医長を経て、86年同院眼科主任部長に就任。 眼科医療の世界では1人で医師が行う白内障手術の平均が年間200~300眼程度とされるなかで、年間3,000眼以上を執刀し、生涯執刀数は80,000眼を超えている。
また、94年社会保険中京病院眼科を中核とした病院・クリニックグループを支援する(株)中京メディカルを設立。 眼科専門医の指導・育成にも尽力する。 手術教育でも評価が高く、年間15,000眼の手術を指揮する。 また、国際医療支援活動にも注力し、毎月海外での手術を行い、10年の実績を持つ。
現在、名古屋大学医学部臨床講師、北里大学医学部眼科非常勤講師、大連医科大学客員教授も務める。

愛知県出身

1987年愛知医科大学卒業
1983年名古屋大学大学院修了
1983年日本眼科学会認定眼科専門医
2014年JCHO中京病院 眼科主任部長 退任
JCHO中京病院 顧問
中京眼科視覚研究所 所長
専門領域白内障手術・硝子体手術・視機能・色覚
糖尿病網膜他網膜硝子体疾患
要職名古屋大学臨床講師、北里大学非常勤講師
2002年中国大連医科大学客員教授
(中国医師免許)
講師名古屋大学臨床講師、北里大学非常勤講師
学会役員日本眼内レンズ屈折手術学会理事、日本眼光学学会理事、日本産業・労働・交通眼科学会理事、日本臨床眼科学会専門別研究会「色覚異常」世話人
所属学会米国眼科学会、日本眼科学会、日本白内障学会、日本眼内レンズ屈折手術学会、日本網膜硝子体学会、日本手術学会、日本視覚学会、日本弱視斜視学会、日本照明学会、国際色覚学会

PAGE TOP